.
スポンサーリンク
Table of contents

概要 anchor.png

ガスバリアフィルムを透過する微量のガス透過度を測定する装置。

ガスバリア性評価装置は、等圧法と差圧法に分類できる。
等圧法には、カップ法、電極法、カルシウム法、モコン法、ガスクロマトグラフ法、API-MS法などがある。
差圧法には、圧力法、容積法、及び今回の研究で使用した差圧式質量分析法がある。

ガスバリア性評価装置の多くは、装置定数の校正や、異なる測定装置間の結果の比較、測定装置の信頼性評価のために、標準ガスバリアフィルムを必要とする。

スポンサーリンク

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 928, today: 2, yesterday: 2
Princeps date: 2016-03-06 (Sun) 15:27:16
Last-modified: 2016-03-06 (Sun) 15:27:16 (JST) (1489d) by cons
検索

ページの一覧 索引

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

メインメニュー

更新ページ

ad
スポンサーリンク

投稿一覧

オンライン状況
16 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...